2011年05月25日

2005年7月 23回忌法事プラスふたつの句碑除幕式2 (法光寺)

福寿院では、除幕式に続く3和音のお経と鉦や木魚の不思議な音色に感動。
そのあと法話などがあり、
みんなマイクロバスに乗り込んで
法光寺へGO!

福寿院の句碑は庭の木陰にひっそり立っているのに対し、
法光寺は、入り口近くの人通りの多い開放的なところにあります。
うしろにはどーんと大きな仏様がいて、
お寺の保育園の入り口もすぐそこ。

05-07-09_12-56.jpg

除幕式の段取りは、福寿院とほぼ同じ。
三人のお坊さんの力強い般若心経や光明真言。

ここではなぜか携帯電話で写真をとりわすれ、
その風景をお伝えできませんが、
法光寺では、お孫さんまで一家総出で
真言やお経に唱和しました。

男女混声合唱みたいな光明真言・・・。

真言宗は呪術性が強いと聞いています。
真言は強い力を持つ呪言で、
そこにお坊さんだけじゃなくて、
小さい子供まで唱和すると、
霊験があらわれそうに言葉が頼もしさを増します。
でもそこに「呪」というおどろおどろしさは全くなくて、
底抜けに明るく素朴な力が、天に地に、
句碑の建立を祝い未来を清めているような感じがしました。

ここの除幕式の写真はとりはぐったのですが、
この句碑は特殊な石で、
黄色っぽい肌と、磨いた黒い面を、
次男がかなりうまく撮りました。
(本物はもっときれいです、もち)

posted by tyouseki at 18:17| 密航船(重信関係情報) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする