2011年05月25日

2005年7月 23回忌法要と句日の除幕式4 場所がわかりにくいです

何かのおついでのときに句碑を見てください、と言いたいところですが、
場所がホントにわかりにくい。

かといって、ここに詳しく書くのもどうかなと思うので、
どちらのお寺も伊勢崎市にあり、
法光寺は境下武士(ブシじゃなくてタケシ)
福寿院は境小此木(オコノギ)
という、この程度の情報でわかる人だけにお勧めします。

あまりにもわかりにくい場所なので、
どちらのお寺でも、地図を用意したとのこと。
つまり、片方にたどり着けば、もう片方の場所を教えてもらえる・・・。

福寿院では説明用冊子を多少作ってあり、
法光寺には「月光」(以前の記事で紹介)があるので、
残部があるうちはもらえると思います。

この写真は、福寿院の句碑案内です。

05-07-09_10-21.jpg

このように案内はあるものの、
観光地でなし、商売でもなし、お寺ですから、
句碑を見るためとはいえむやみに庭に入ったら、あやしい人になってしまいます。
ちゃんと声をかけたほうがいいです。

法光寺の句碑は、
昔、そこで句会をしたご縁でできたということもあり、
法光寺さんは、
句碑を見る吟行会など句会の場所が必要なら、
場所を提供できる場合もあるようです。
伊勢崎近隣の俳句会なら吟行にいいかもしれません。
ただしお寺ですから、法事などが優先。
先にご了解をもらう必要があります。

JR本庄からタクシーで20分
本庄は埼玉県ですが、東京方面から電車で来るなら
これがかんたん。
ただしタクシー代が2500円〜3000円はかかってしまいます。
東部伊勢崎線境町からならタクシーも10分ぐらいで近い。

でもタクシーったら、本庄からでも境町からでも、
けっこう迷子になるのよねえ。
それで思わぬ出費になってしまうかも。

現に、私が本庄から乗ったタクシーも、
「ちず丸」で印字した詳しい地図を見せたのに、無線であちこち問い合わせるありさま。

周辺は畑ばっかり。
喫茶店なんかないので、決して気軽に来てはいけません。(笑)

この日は、なんと渋谷で親類の結婚式もあったのです。
叔父と叔母は、除幕式のあとの会食に出ないで、
湘南ライナーで渋谷の結婚式にかけつけました。
乗ってしまえば一時間半です。

私も会食会を終えてから、
それに乗って追いかけるつもりでしたが、
あうー、逃がしてしまったー。
高崎線でコトコト赤羽に行き、そこから埼京線で渋谷に。
でも、いろんなことをちゃんとやりとげた、という、
達成感のある一日でした。

posted by tyouseki at 18:34| 密航船(重信関係情報) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする