2011年08月14日

【チョキはなぜ好かれる?】

■チョキは人気者

 グー・チョキ・パーのどれが好きかと周囲の人数人に聞いてみた。驚いたことに全員チョキと答えた。
 気になったのでfacebookページ「しつもんごっこ」で投票してももらった。
 (★試みにこのブログにもアンケートを設置してみました。よろしかったら投票してください。)

 facebookのアンケートは、今のところ(2011年8月14日現在)回答者は少ないが(そうだろうなあ、すごくどうでもいい事だもの)、それでも、チョキ6、グー1、パー0で、チョキが圧倒的に好まれているようだ。
 ううむ。どうしてなのでしょう。

 理由は人それぞれなのだろうが、圧倒的にチョキが好かれる(あるいは、グーとパーがあまり好かれない)理由を推理してみよう。

■チョキのイメージ

[意味]ハサミ
 石・紙に比べると、道具としては作る技術が必要な感じ。
 (紙を作るのも技術が必要なんですが、イメージとして。)
 ハサミを使うのは決して難しくはないが、手の動きが複雑繊細で器用さに通じる。
[性格]
 石であるグーには刃がたたないが、紙であるパーに包み込まれても切り裂いて脱出できる。
[語感]かわいい。大きな刃物を振り回す粗暴さがなく、小回りが効く感じ
[形] 尖っている。グーチョキパーの中で一番難しい形。
[総合イメージ]
 知的、攻略、打開、素早さ。
 ハサミは、刃物ではあるが、ナイフのような危険な武器とは異なり、日用品・便利グッズである。武力腕力でなく技術知性の力を感じる。
 チョキには、小賢しい印象もなくはないが、総合的に見ると悪印象が少ないようだ。
[ついでの鑑賞 負け方への感情移入]
 腕力を象徴するグーに負けるチョキには、平和的な知恵が武力にうち負かされるかのような悲壮感がある。

■グーのイメージ

[意味]石
 硬い。頑丈。年月を経ても変化しにくい。
[性格]
 紙であるパーに包まれたら抗えないが、ハサミであるチョキにはびくともしない。
[語感]押しが強い、鈍重、我慢。
[形] 拳骨。握りこぶし。手が作れる形の中では最も効果的に腕力を振るえる形。
[総合イメージ]
 意志を固める。実直で根性がある。小細工なく率直に怒りを集中。忍耐強く意志を貫くが、時に横暴、強引。
 そんなに悪印象はないようだが、問題解決の手段が腕力である、という感じが、いまひとつ人気がでない理由ではないだろうか。
[余計な鑑賞 負け方への感情移入]
 強いはずのグーがパーに包み込まれてしまうのは、ああやっぱりという感じだ。単純な正義が政治力に丸め込まれてしまうかのようだ。

■パーのイメージ

[意味]紙
 紙は、さして丈夫な素材でなく、切れたり破れたりする。石やハサミに比べると火や水にも弱い。
 そういう弱点を持ちながらも、面積と形を変えることができるという強みがある。
[性格]
 刃物であるチョキには為す術もないが、石であるグーに対しては包み込んで制圧できる。
[語感]単純、のんき、気さく、包容力、開放的。
[形] 手の面積を最大にした形。グーチョキパーの中で一番かんたんな形。握手を求めるような隠し事のないフレンドリーな感じ。
 その一方、支配力も感じさせもする。「掌握」という語があり、この形からは掴みかかることや、掌の上で踊らせることもできる。
[総合イメージ]
 単純で、語感の上ではアタマを使わない感じ。すべてを呑み込む空や海のような絶対性。
 そこには、清濁併せ呑むような怪しさもあるために、開放的でフレンドリーというイメージが少し嘘っぽくなる。
 要するに、パーはグーのような真面目さに欠け、チョキのような知性も足りず、そのうえ信用出来ないところがあるのだ。
[余計な鑑賞 負け方への感情移入]
 パーは不気味である。グー・チョキより恐ろしい感じである。なんとなく政治力、目に見えない支配力を感じさせる。
 だからなのか、パーがチョキにあっけなく敗北するときには、なにやらはかなさとともに、かすかな開放感が感じられる。

■チョキが好かれる理由

 チョキは知的で、刃物だが平和的である。
 小回りがききそうで、名前もかわいい。
 小さなチョキが大きな紙の支配を打ち破るのは快感である。
 固いグーにけなげに立ち向かって刃が立たないのもかわいい。
 これらを相殺するような悪いイメージがあまりない。

 グーとパーは、良いイメージもあるが、悪いイメージもけっこうあるために、チョキほど人気が得られない。

saana tyoki2.jpg
posted by tyouseki at 22:44| Comment(1) | TrackBack(0) | ひまつぶメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グーが好き。だからいつも政治に負けるのかTT
Posted by 筑井隆 at 2011年08月15日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。