2012年01月27日

出版文化賞、そして演劇も 『あけもどろの空』

■沖縄タイムスの出版文化賞授賞式に行って来ました。

『あけもどろの空 ちびっこヨキの沖縄戦』は、児童文学部門で受賞。

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-25_28939/

この本の著者高柳杉子は、沖縄出身で、私の義理のいとこにあたります。
私の叔母美知子といっしょに沖縄戦の本を出版しようとして資料を集め、メモをとるなどしていましたが、癌のために44歳という若さで他界。
美知子が発起人となって、私が編集、叔父がイラスト、杉子さんの両親と杉子さんの友人でライター荒木美由樹さんの協力も得て完成させました。

授賞式では、著者杉子の二人の母(実母=主人公ヨキと義母美知子 下の写真)が笑顔でスピーチ。
この様子は25日の沖縄タイムスに掲載されました。


■演劇『あけもどろの空』 3月25日に上演予定

『あけもどろの空』は、23年度八重瀬町平和事業として、演劇になります。

まず3月25日に上演、その後も各学校などで上演するとのこと。

台本がもうできていて、目を通しました。
わかりやすく、コンパクトにまとめてありました。

関東出身である私たちではうまく書けなかった沖縄方言が、
実にいきいきと盛り込まれています。

3月にはまた沖縄だ!!
akemo-jyusyo.jpg

posted by tyouseki at 15:33| Comment(1) | TrackBack(0) | ひまつぶメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり好きな人や恋人とは近くで生活していたい。
Posted by ご近所メール at 2012年01月27日 19:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。