2016年04月09日

【ワン鍋賞 用心】

「用心」という単語で検索したら、短歌69,000首の中にこれ一首でした。
七人の用心棒にひとつずつ栗きんとんをさしあげました 東直子

なお俳句にも一句発見。
用心深い鳥影うごく夕餉どき 伊丹公子
(ただし俳句と川柳は収録数が少ないのであまり参考になりません。)

もうひとつ
【ワン鍋賞 腹黒い】
悲鳴を上げる やがて破裂する腹黒い飢餓 言葉に選ばれ  江田浩司
posted by tyouseki at 08:15| 短歌俳句川柳データベース闇鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちかごろのワン鍋賞などをまとめました

しばらくこのブログに書かないでいました。
Twitterに流したワン鍋賞関係のツイートをまとめておきます。

※「ワン鍋賞」とは私の短歌俳句川柳のデータベース「闇鍋」で単語検索して、たった一首or一句しかなかったという意味です。ちなみに、2首・2句あったら「ニャン鍋賞」です。

なお「闇鍋」を使ったコレクションは、facebookの「ことばをくすぐれふふふふふ」というコーナーにもあります。
facebookアカがあれば、トモダチにならなくても見ることができます。

2015・10・6
【「すごすご」ナシ】
データベースに収録した66000の短歌23000の俳句11000の川柳、合計10万の歌句のなかで、全く使われていない言葉をしょっちゅうみつける。例えばたった今、「すごすご」を探したら一個もなかった。日常語として死語ではない。短歌等においては未生の語の段階か。

2015・11・16
【ワン鍋賞 もやし】
あたらしい呼び名があたえられてゆく きらめくようなもやし料理へ 笹井宏之
野菜名を詠み込んだ短歌を探してみたら「もやし」の歌はこれ一首じゃん。なぜなの?!
ちなみにピーマン8首、人参28、セロリ13、大根は数え切れぬほどある。もやしも詠んであげましょうね。
→11・16 @reiichiro_murrさんより
@fuusumire ベジタンカっていう野菜短歌のネプリ企画があって、もやし担当の人もいました。そのうちリリースされると思います。
→11・18
‏@torae173さんより
@fuusumire わが妬み黒きもやしの如くにも殖えをりさむく昨日より梅雨/中城ふみ子『乳房喪失』 という歌も。
→同上
@fuusumire 雨の音しているようでしておらず残さずに取るもやしのひげを/藤島秀憲『二丁目通信』 こんばんは、1首みつけました。

2015・12・29
【「たしなめる」 ナシ】
「たしなめる」はだいたいの人に通じる言葉でしょ? だが、短歌俳句川柳でほとんど使われていないようだ。マイ・データベース102067歌句の中に一つもなかった。(驚)「短歌さん、日本語をまんべんなく使いこなしてちょうだいね」と日本語の神さま。

(追加ツイート)
おっとっと、「短歌さん、あなたお姉さんなんだから日本語をまんべんなく使いこなしてちょうだいね」と書こうと思ったのに「お姉さんなんだから」が抜けちゃった。

2016・ 1・3
「空」「天」と内臓(心臓、胃、腸等)を一緒に詠み込んだ歌句をmyデータベース10万余歌句で探したら、短歌はわりとあった(はたはたとはかなし冬の陽のもとにヘリコプターは空の心臓 佐藤弓生とか)けど、俳句川柳はほとんどない。俳句川柳は収録数が短歌の半分以下だから断言はしないが。

(これには少し説明が必要ですね。
 そもそも、短歌の中での「空」の歌われ方の変化を見ていたのです。(詳細は評論に書きます。)
 最近の傾向として、「空」が即物的に扱われるようになり、特に人体と混じるような内容の歌を散見するために検証し、その途中でなんとなくツイートしちゃったのでした。

2016・1・6
【ワン鍋賞 あしらう】
雛芥子の直立支ふる茎細く細きながらに風をあしらふ  蒔田さくら子
※「ワン鍋賞」=私の短歌俳句川柳のデータベース「闇鍋」で単語検索して、たった一首or一句しかなかったという意味。2首・2句あったら「ニャン鍋賞」

2016・1・6
【ワン鍋賞 人違い】
僕の手を「人違いでは」と払う人の視線は螺旋状にこぼれて 中島裕介
※「ワン鍋賞」=私の短歌俳句川柳のデータベース「闇鍋」で単語検索して、たった一首or一句しかなかったという意味。2首・2句あったら「ニャン鍋賞」

2016・1・26
【ワン鍋賞 ◯◯づくめ、◯◯ずくめ】
モード誌を聖書のように抱きしめて黒づくめ期は誰にでもある 柴田瞳
私の短歌俳句川柳データベース10万2千(うち短歌六万8千弱)のなかで、「づくめorずくめ」を使ったのはこれ一首だけでした。えらいぞ!

2016・3・3
【ワン鍋賞 かけざん わりざん】
私の短歌データベース69,235首から四則計算の名称を検索。最も人気は引算で5首。足算は2首、掛算と割算は各1首だけでした。
ゆく風の魔方陣に立ちて呼ばわればしずかに繰り上がる宇宙のかけ算  井辻朱美
禁止です0で割り算できません無限大から無限大まで  筑井隆

→3・3
‏@torae173さんより
@fuusumire 掛け算の歌1首と割り算の歌2首見つけました。
ゼロひとつ含んだ長き掛け算を終えたるごとし人と別れて  俵万智
割り算のあまりのやうな時間さへをしむこころのその果ての果て  永井陽子
わり算の予習復習割つて割つて子らはどんどん小さくなりぬ  小島ゆかり

2016・3・3
【◯◯算コレクション】
旅人算こころみる冬の室内に思うわたしのあしの速さを 柳谷あゆみ
わからないもののひとつに鶴亀算なにことさらに脚を数える 山中もとひ
ていねいに図を描くのみの答案に流水算の舟すれちがふ 光森裕樹
DBで◯◯算を探したら上記各1首あり。植木算がないじゃん。

2016・3・5
【「ところが」 ナシ】
「ところが」という接続詞を使った例が、わたしのDB(現在10万4千歌句収録、うち短歌6万9千余)にひとつもない。(暗いところが好き、みたいのは除く。)あったら教えてください。

2016・3・5
【ワン鍋賞 ところで】10万4千歌句のなかに、接続詞の「ところで」を使ったのはこの俳句一句だけ。えらいぞ!
肉体やところで綿毛はいつ飛ぶの  原田浩佑
(遠いところで、みたいのはだめ。ところで今何時、みたいな「ところで」ですよ。)

2016・3・5
いいねと、RT、ありがとうございます。
こんなフツーの言葉が短歌等に使われていないんだぁ、って驚いちゃいます。接続詞の場合、歌の構造にも関わるから、使えるほうがいい。といっても自分も使ってないんだけど。

2016・3・6
【ワン鍋賞 ちなみに】
人生は後ろ向きかつ前のめり心臓の色はちなみにピンク 伊藤綾乃
「ちなみに」(因みに)を含む短歌等は、私のデータベース10万4千のうちこれひとつ。えらいぞ!
→3・6
‏@torae173さんより
@fuusumire 1首見つけました。(^^;;;
ちなみに… 「キラー・キャロット」 の元ネタを知っていた人現在二名  森本平

2016・3・6
【ワン鍋賞 にもかかわらず】
「マクドナルドハンバーガー」は満席でにもかかわらず次々入り来 奥村晃作
「にもかかわらず」を使った短歌等は、私の10万余のデータベースのなかにこれひとつ。えらい!
→ 3・6
‏@torae173 さんより
@fuusumire 1首見つけました。(^^;;;
愛犬の墓なりしにもかかはらずいま高層のマンションの下  荻原裕幸

2016・3・6
短詩型だと接続詞は使わないで表現するから少ないのではないか、と思うかもしれません。しかし、「あるいは」はけっこう使われて56歌句、「けれども」32歌句など、人気不人気があるのです。おもしろいでしょ?

2016・3・25
【ワン鍋賞 見損なう】
見損なった人達からは凪の日の港の臭い 乾かない服 法橋ひらく
「見損なう」という語を詠み込んだ歌は、私の短歌俳句川柳データベース10万4千のなかにこの歌一つしかありませんでした。えらいぞ!

2016・3・25
なお、「見くだす」を詠むのはないみたい。「見下す」多かったけど、前後から見て「みおろす」と読むのしかなかった。
また「見くびる」という語を使ったのは、古川柳「留守かなと見くびって来る大三十日」一つだけ。
借金取りがどうせ留守だと思いながら来るという意味でしょうね。
posted by tyouseki at 08:03| 短歌俳句川柳データベース闇鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

【短歌の「例えば」の位置って?】

■1 「例えば」の位置がふと気になった

「真ん中に『例えば』がある短歌ってあまり見たことないな」と、突然思った。
「例えば」の使用例で最初に思い浮かぶのは、

たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつて行つてはくれぬか 河野裕子

だが、多いのは第4句のアタマ(下の句のはじめ)での使用例じゃないかな、という気がする。

さわがしき中に酒をのむ悦楽のたとへば貝にこもる潮音 佐藤佐太郎

この位置の使用例が多いんじゃないかなー。

こんなときのためのデータベース「闇鍋」だ。早速検索してみた。

■2 第4句のアタマに使う例が多い

すると、思った通りだ。結論を言えば、使用位置にはあきらかに偏りがあった。
「例えば」は、圧倒的に第4句のアタマに使われていて、第3句での使用はゼロだった。

ちょっと面白くないか?
せっかくだから、以下にもう少し詳しく抽出データを見てみよう。

■3 データベースの概要

データベース「闇鍋」は、15年ほど前から作っているもので、私の好みが反映しないように、選ばずにぽんぽん投げ込んでいるから、少しぐらいは信頼できる。

本日の闇鍋データ総数77321
うち短歌45638、俳句20793、川柳10532 ほか
(およその詩型構成比 短歌9:俳句4:川柳2)

なお、「闇鍋」データにはときどき間違いがある。
ここでは「例えば」の使われ方を見るだけ、と割り切り、転載はしないでほしい。

■4 用例を検索−−俳句川柳では「例えば」の用例が少ないぞ

 短歌の中での使用位置について考えるための検索だったが、その前に、俳句川柳の使用例が少ない、ということもわかったので、書いておく。

「例えば」「たとえば」「たとへば」「例へば」「譬えば」のいずれかを含むデータを検索してみたら、
73歌句あったが、その詩型構成は、

 短歌66、俳句5、川柳1 その他1

だった。圧倒的に短歌である。

収録作品全体の詩型の構成比を考えると、なんらかの訳があって「例えば」は俳句・川柳ではあまり使われないのだと思う。
「例えば」は、わざわざそう言わなくても済む言い回しができるから、俳句川柳では文字数節約のために省かれる、のだろうか?
終わりのほうに、俳句川柳の用例をあげておくので、ぜひ吟味してほしい。

※なお、上記とは別に、「たとふれば」「例ふれば」「たとうれば」「例うれば」の用例は16(短歌14、俳句2)ある。

■5 第4句アタマの使用例が多い

「例えば」を含む短歌を、「例えば」の使用位置によって細かく分けてカウントしたら、以下のとおりだった。

※極端な破調歌がいくつかあった。何度か唱えてみてリズムから位置を判断した。(笑)
※7音の場所では、句の後半での使用が可能である。
 5音のところでも後半に置くことは可能(「ああたとえば」などと字余りになるだろうが)だが、用例ナシ。

A初句 8首
B第2句アタマ 8首
C第2句後半 8首
D第3句 ナシ
E第4句アタマ 31首(ダントツ!)
F第4句後半 10首
G第5句アタマ 1首
H第5句後半 ナシ

■6 上記分類の各々の例歌

A 初句 8首
たとへば父の冤罪の眸(まみ)愛すべし二重封筒のうちの群青 塚本邦雄
例えば 羊のようかもしれぬ草の上に押さえてみれば君の力も 平井弘


B 第2句アタマ 8首
未来とはたとえばこんなところにも二つに割れる赤いピーマン 俵万智
雨はやみたとえばひとの声のするくろい受話器のような夕闇 江戸雪


C 第2句後半  8首
冬を待つこころたとへば晴天の陽を貯ふる雲のしづけさ 大塚寅彦
たもち得ぬ才はたとへばうまざけの破れし甕にも似たるこの人 山川登美子


D 第3句 該当ナシ

E 第4句アタマ 31首(多いので例歌も多くあげよう)
やさしくて怖い人ってあるでしょうたとえば無人改札機みたいな 杉崎恒雄
ひそひそと秋あたらしき悲しみこよ例へばチャップリンの悲哀の如く 中城ふみ子
欲望はうつむきがちにくるものを たとえば夏代さんというひと 村木道彦
月よ みなおもちゃになって遠ざかる例えばあたしの自転車どろぼう 高柳蕗子
(拙作もあった!

F 第4句後半 10首
押しこんでぎしぎしかけたかけがねがひかるたとえば春の砂場に 佐藤弓生
散り終えた黒き花弁を踏みしめる僕は、例えば閉めかけの螺子 中島裕介


G 第5句アタマ 1首
はまぐりを食む歯ざわりやおぼろなるもの美しきたとえば百済 三枝ミ之


■7 イナイイナイ・バ

・「例えば」は直喩または例示の前触れであって、多くは省略可能だが、続く言葉に興味を抱かせる。
つまり、「例えば」は、イナイイナイ・バアだ。ちょっと遮って期待させるのだ。
それを越えた向こうには、期待に応える意外な展開があり、読者は、うーんそう来たかと納得するような感じで、楽しんで読む。

■8 Aの初句用例とその他の用例の比較

(1)上記のように細かく分けてはみたが、Aとその他との二つに分ければ十分だったかもしれない。

(2)初句の用例だけは、見た目の構造が違う。
 「例えば」は通常、直喩でも例示でも、
 「◯◯◯◯◯は例えば□□□□□だ」
というふうに、◯◯◯◯◯と□□□□□の間に置かれるが、初句に使うということは、必然的に、
 「例えば◯◯◯◯◯は□□□□□だ」、または、「例えば□□□□□だ◯◯◯◯◯は」になる。

(3)もう一つの違いは、振りかぶり≠フ効果である。
「例えば」を初句に使うと、振りかぶるように強く響く。読む側は、なにごとかと驚きながら期待をそそられる。
そのうえ、「例えば」を5音の句に使う場合は字余りか字足らずになりやすいけれど、それが「破調なんぞかまってられるか」という迫力をも添えて効果的になることがある。

(4)第3句の用例がない理由はそれに関係があるかもしれない。第3句では初句のような「振りかぶり」効果がなくて、その意味では破調にする効果が出ない。だから第3句の使用は無意識にも避けるだろう。

(5)7音の句での使用は、振りかぶり効果がなく迫力もないが、破調になりにくい。
「たとえば」の4音のイナイイナイ効果が自然に働いて、この先どう展開するのか、ちょっと楽しくじらされつつ期待が高まるのだ。

(6)4句に「例えば」が置かれるのことが多いのはなぜか。
 単純に、まんなかへんだから上下にそれなりの文字数が使ええて、バランスがとりやすいからではないか。
そして、2句の例、5句の例では、そのアンバランスによる効果も少しおもしろく感じられる。

■9 「例うれば」との比較−−古風でスロー

(1)「たとふれば」「例ふれば」「たとうれば」「例うれば」は、別途検索してみた。
その用例は、16(短歌14、俳句2)あった。
意味は同じだから混ぜて検索すべきかとも思ったが、私には、「例えば」と「例うれば」がなんだかすごく違う感じがして、あえて別にしたのである。

(2)「例うれば」は古風でのんびり。ときにもったいぶった感じ
「例えば」との見た目の違いは、1音多いだけだが、言い回しが古風でスローな印象になる。言葉が読者の頭に流れ込む速度がぐぐっと遅くなる。

たとふれば明くる皐月の遠空にほのかに見えむ白鴿(しろはと)か君 窪田空穂

口調がのんびりしている。使い方によっては、とぼけた感じを醸し出すこともできそうだ。

冒頭にあげた、

たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつて行つてはくれぬか 河野裕子

と比べるとおもしろい。

(3)テンポが遅くなるだけで、イナイイナイ的な期待効果は「例えば」と同様にある。

(4)使用位置が異なる。
短歌14首のうち使用位置は以下のとおり、初句と3句、つまり5音句にはめ込む例が多い。

A初句 8首
D第3句 4首
E第4句アタマ 1首
F第4句後半 1首(用法が異なる)
その他の位置のものはなかった。

例歌もあげておく。
A初句 8首
たとふれば心は君に寄りながらわらはは西へでは左様なら 紀野恵
たとうれば海鳴り冥き日本海「藤原さん、お薬、三日分です」 藤原龍一郎


D第3句 4首
さわやかに鳴くなる蛙たとふれば豆を戸板に轉ばすがごと 長塚節
この今の止まりくれぬかたとうればタクシーに手を揚ぐるがごとく 中野昭子


E第4句アタマ 1首
絃と指たたかふごとき終曲はたとふれば今日午後のわが生 岡井隆

F第4句後半 1首(用法が異なる)
嫁して祖母七十五年ひともとの樹にたとふれば両手にあまる 時田則

■10 まとめ

「例えば」はイナイイナイ・バアのように、いったん先を隠すように期待をそそる効果がある。
使用位置に偏りがあり、「例えば」は圧倒的に第4句のアタマの用例が多い。
第3句には使われず、初句に使う以外は、7音の句に入れる。
「例えば」を初句に使う場合は、破調効果が出ることがある。

「例うれば」は、「例えば」と異なり、もっぱら5音の句に使う。
「例うれば」はのんびり古風な感じ。イナイイナイバア効果は「例えば」と同じ。

■11 参考 俳句川柳の用例

おもしろいので、全部書いておこう。

「例えば」の用例

初句
たとえば一位の木のいちいとは風に揺られる 阿部完市
たとへばのはなし素甘は春の味 仁平勝
たとえば愛たとえば象がひざまづく なかはられいこ
(川柳)

第2句
たましひのたとへば秋のほたる哉 飯田蛇笏
身のうちのたとえば螢たとえば火 大井恒行※
春愁のたとへば0で割るごとし 金子 敦

※第2句・第3句に使用。

第3句のみの用例ナシ

「例うれば」の用例 初句の例しかない。

たとふれば独楽のはじける如くなり 高浜虚子
例ふれば恥の赤色雛の檀 八木三日女

posted by tyouseki at 04:23| 短歌俳句川柳データベース闇鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

【ワン鍋賞 寄り道、保健室、ほか】

闇鍋検索をしばらくお休みしていましたが、最近またデータが増えました。
そこで、新しく取得した歌句の中から、用例の少なそうな語句を拾って検索したところ、以下のとおり鍋賞がごっそり出てきました。
あたりまえだけど、闇鍋収録の数万歌句程度では使い切れないほど、コトバはいっぱいあるってことですね。
ただ、日常よく使う語彙でも使われていないことがある、という現象は、安易に説明してしまわずに、よく検証してみる必要があると思っています。ああ、もっとデータを増やさなくては。
※今回は、新しく取得した歌句から検索語句を選んだので、同じ作者の作品が多く含まれます。

【本日の闇鍋データ総数77319】
短歌45640、俳句20790、川柳10532 その他は少し
およその構成比 短歌9:俳句4:川柳2

【ワン鍋賞】
 闇鍋77139歌句のなかで以下の語を含むのはたった1つ。

■よりみち(寄道、寄り道含む)
よみよりのよりみちにおふふきのとう 丑丸敬史(俳)
■保健室
保健室で想いの丈を測ったら先月よりも縮んでいたよ  久保芳美(短)
■害虫
コンビニのサラダ食べてる荒んだ眼 前世はたぶん害虫でした 榎田純子(短)
■着古し「着古し」(「着古」「着ふる」で検索)
大仰に春ざわざわと訪れる着古したシャツ新しい部屋 榎田純子(短)
■老婆心
老婆心のやうに厠の冬日向 仁平勝(俳)
■インスタント(2首あるが同一作者のため準ワン鍋)
コーヒーはインスタントの家でした 余所【よそ】で覚えて苦みを増して 榎田純子(短)
切実でそのくせ浅い悩み事 飲み干してきたインスタントで 榎田純子(短)
■エイプリルフール
エイプリルフールのドアの覗き穴 西原天気(俳)
※ただし「四月馬鹿」は11ある。(短歌1、俳句10、川柳0)
■股関節
ローテーションから外される股関節 浪越靖政(川)
■愉快犯
交差点ふたりにひとり愉快犯 浪越靖政(川)
■売り言葉(売言葉などの他の表記も含めた)
売りことば希釈倍数間違えて 浪越靖政(川)
※なお「買い言葉」を詠んだ歌句はない。

【ニャン鍋】
 闇鍋77139歌句のなかで以下の語を含むのはたった2つ。
■王将
鹿より逃れ王将四条大宮店 山田耕司(俳)
目にせまる一山の雨直なれば父は王将を動かしはじむ 坂井修一(短)
■御不浄
御不浄の深さの春を跨ぎけり 山田耕司(俳)
ゴツンあらごめんあそばせ誤植めくご婦人だらけ五月のご不浄 高柳蕗子(短)
※ただし、トイレ39、便所16など、他の言い方ならけっこうある。
■カタルシス
はなびえへざびえるかへるかたるしす 丑丸敬史(俳)
辞典ではカタルの後にカタルシス ポルノの後にホルマリンです 本多忠義(短)
■無声映画
秋雨は無声映画のやうに降る 仁平勝(俳)
昼顔よ無声映画に降る雪よ 山田耕司(俳)
■加担
夏雲の小さき方に加担せり 仁平勝(俳)
テロリズムに加担するか文明の側に立つか問う単純のすでに仮借なく 近藤芳美(短)
■「たんこぶ」
知らぬまにたんこぶのある春の暮 仁平勝(俳)
着メロは着信メロン(ごろごろ)着タンは着信たんこぶ(ぼこぼこ) 鈴木有機(短)
■葛切
葛切の蜜がどうのと京男 仁平勝(俳)
繻子の胸ひらきて道化がつかみ出す葛切りのやうにながきたましひ 井辻朱美(短)
■フリース
指先が冷えては困る 靴下はフリース素材ぶかぶか素材 榎田純子(短)
緩急を自在につけて恋文をつづるフリース姿の老師 笹井宏之(短)
■風邪薬(カゼ薬など他の表記も含む)
分銅と釣り合つてゐる風邪薬 西原天気(俳)
石仏の頭に置いた風邪薬 山本忠次郎(川)
■潜水服
白南風や潜水服のなかに人 西原天気(俳)
駆けつけて屋根で煙突譲り合う消防服潜水服宇宙服 高柳蕗子(短)
※ただし「潜水」なら「潜水艦」など22の用例あり
■平熱
平熱は割と高めでありますが温度の低いヒトでありたい 久保芳美(短)
微熱なのかこれが平熱になったのかきめて、札幌からきたトラック 雪舟えま(短)
■へんてこ(準ニャン)
変梃なわたしの躰の徳利に酒はとぷとぷ満ちてゆきます 久保芳美(短)
へんてこな所にいてもゆるされるなんてしってた?マイ・トイカメラ 杉山モナミ(短)
へんてこな家でなが生き 入りづらいおふろで恋 時空を消す 杉山モナミ(短)
■おしくらまんじゅう
口論は苦手押しくら饅頭で来い 大石悦子(俳)
忘れないおしくらまんじゅう遊星団 田島健一(俳)

まあ今日はこのぐらいにしておこう。
posted by tyouseki at 19:41 | TrackBack(0) | 短歌俳句川柳データベース闇鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

闇鍋検索 ぺたん他

■何の気なしに「ぺたん」などをを検索したら、次の歌句が見つかりました。

【ニャン鍋賞 ぺたん】
ひとりぺたんとこの世に残され何とせうひいといふほど椿が落ちる 河野裕子〈ひいに傍点〉(短歌)
木犀の庭をぺたんとはりつける 畑美樹(川柳)

【ぺたん系】
叱られた子供の気分夏空になぐり描きするぺったんこの雲 本多忠義(短歌)
まっさきにぺちゃんこになる副葬品 樋口由紀子(川柳)
(ぺしゃん、ぺしゃんこ、ぺたんこ、ぺっちゃんこ ナシ)

【べたん系】
のり弁に海苔べったりと貼られありインディペンデンスデイ【独立記念日】の夕餉 加藤治郎(短歌)
かきつばたべたりと鳶のたれてける 与謝蕪村(俳句)
(べたん、べったん、べちゃ ナシ)

■その他
これまた何の気なしに「芳香剤」を検索したらこれひとつでした。

【ワン鍋賞 芳香剤】
爪ほどに小さくなった紫の芳香剤を夜明けに捨てる 本多忠義(短歌)

本日の闇鍋 総数75903
短歌45043、俳句19982、川柳10521 他

2012年01月06日

【ワン鍋賞 脱脂綿/絆創膏/松葉杖】

■脱脂綿・絆創膏・松葉杖を使った作品

雪降れば雪野のごとく脱脂綿 山田耕司
父の日の父に絆創膏を貼る 鈴木伸一
遠雷や乳房に隣る松葉杖 高柳重信

本日の闇鍋74723歌句の中で上記の各一句(3句とも俳句)しかありませんでした。


★本日の闇鍋データ数
総数74723(うち短歌44663、俳句19235、川柳10468 他)

半年前に検索した包帯・絆創膏のその後が気になり、ついでに関連語もあわせて検索してみたところ、上記の結果でした。
絆創膏は以前0でしたが、今回は1句出ました。
(なお 「バンドエイド」は短歌4あり。)

■他の関連語の結果

ガーゼ 短歌13 俳句2 川柳2 計17
ピンセット 短歌0 俳句2 川柳3 計5
オキシフル 短歌3のみ 計3
注射 短歌10 俳句0 川柳2 その他(都々逸)1 計13
白衣 短歌7 俳句2 川柳1 計10
聴診器 短歌11 俳句3 川柳1 計15
 ※ただし短歌11首のうち8首は同一作者。(実は拙作・笑)
 なお、このなかに石川啄木がいますが、明治時代の人は彼一人。この現象は毎度のことで、啄木の歌の語彙の広さに感心します。
包帯 短歌20 俳句5 川柳9 計34
 ※半年前の検索では合計30でした。
 ※啄木の歌は「思ふこと盗みきかるる如くにて、/つと胸を引きぬ―/聴診器より。」

★一つも歌句に使われていなかった語

診察・赤チン・ヨードチンキ(ヨーチン)・消毒薬
 ※ただし「消毒」なら短歌俳句川柳各1あり。
posted by tyouseki at 18:33 | TrackBack(0) | 短歌俳句川柳データベース闇鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

【ワン鍋賞 巨人軍 ニャン鍋賞 皮膚科 ほか】

川柳の樋口由紀子さん経由で、川柳データをたくさんいただいた。
いろいろ検索してみたら、鍋賞をいくつも見つけた。
その他、最近の検索結果から、用例の少なかったケースをアップします。

■本日の闇鍋データ数
総数73955(うち短歌44563、俳句19035、川柳10008 他)

■ワン鍋賞 巨人軍(ジャイアンツも含めて検索)
巨人軍、あるいは球団名としての「巨人」を詠みこんだ句歌はこれ一つだけでした。
※「巨人の星」は除く。

自転車も読売巨人軍も不滅 石田柊馬(川柳)

■ニャン鍋賞 皮膚科

紅葉の具合を見せに皮膚科まで 丸山進(川柳)
夕暮れの皮膚科に鶴が舞ひ降りてピアスをしてといひにけるかも 池田はるみ(短歌)

■ニャン鍋賞 いくじなし

いくじなしめしのうまさを知っている 石田柊馬(川柳)
本当におかっぱにって何回も云ったのに、意気地なしの床屋め 穂村弘(短歌)

■ニャン鍋賞 脱水機

脱水機が故障したのは月夜のせい 樋口由紀子(川柳)
腕組みをして僕たちは見守った暴れまわる朝の脱水機を 穂村弘(短歌)

※「脱水」だけで検索しても、次の二つが加わるだけです。

脱水の済んだシーツに残る水 敗因はこれだなどとは言えぬ 中沢直人(短歌)
脱水し脱臭し夏の草食男子 鈴木伸一(俳句)

■ニャン鍋賞 風邪薬 (カゼ薬なども含めて検索)

分銅と釣り合つてゐる風邪薬 西原天気(俳句)
石仏の頭に置いた風邪薬 山本忠次郎(川柳)

■ニャン鍋賞 シーチキン
シーチキンサラダはセコムしてますか 石田柊馬(川柳)
シーチキンサンドをふかくほおばってぽろぽろひざにこぼすしあわせ 芹沢茜(短歌)

この他、意外と少ないと感じた単語

■マヨネーズ

お互いの弱点に塗るマヨネーズ 丸山進(川柳)
少年は少年愛すマヨネーズ 倉本朝世(川柳)
マヨネーズ色の頬もつ友人と火曜のランチを食べにゆきます 東直子(短歌)
マヨネーズ容器のなかで矢野さんのこむら返りがときどき育つ 鈴木有機(短歌)

「マヨネーズ」は以下の4つがあったが、日常目にするもので、詠み込みにくいとも思えず、それにしては少ない感じ。俳句がなかったのも意外。

■おもちゃ箱

大義なら大人のおもちゃ箱にある 丸山進(川柳)
ばらばらの父が出てくる玩具箱 定金冬二(川柳)
愛なんてすっからかんのおもちゃ箱アリさんもロバさんも今は留守です 江田浩司(短歌)
嘘つきの弟も悪い人形も呑んであたしを待つおもちゃ箱 高柳蕗子(短歌)

なんとなく好まれそうな語なのに4つというのは意外。

2011年08月02日

【ワン鍋賞 学生服/俳人はパンツが好き? ほか】

■本日の闇鍋総数71204歌句。
(短歌43755、俳句18532、川柳8621 その他)

【ワン鍋賞 学生服】
応援団の長き学生服のごと土屋文明の破調はありぬ 松木秀

何の気なしに「学生服」を検索してみたらこれ一首しか出てこなかった。

【ニャン鍋賞 セーラー服】
ついでに「セーラー服」も探してみたら、以下の二つだけだった。

日焼けしたセーラー服の少女らはプルシャン・ブルーのことばで話す 吉野裕之
エアコンを19℃にするものどもはセーラー服着た変温動物 ナカノタカコ

【俳人はパンツが好き?】
さて、今日は8月2日パンツの日
「パンツ」も検索してみたら、13歌句も出てきた。
(短歌2、俳句8、川柳3)
俳句は学生服とセーラー服は0なのにパンツが8句。(笑)
(「パンツ」が季語ならわかりますが。)
※俳句は収録数が少ないので、この結果はあまり信頼できません。

【ワン鍋賞 議事堂】
変な神様と 議事堂の合理性が棲んどる 中村冨二(川柳)
心を病むあなたのように白鳥は議事堂脇を静かに泳ぐ 中沢直人

【ワン鍋賞 卒業証書】
殺されればたとえ授業に出なくとももらえるはずだ卒業証書 松木秀

【ニャン鍋賞 すっとんきょう】
あなた誰ですか私は誰だろうそしてすっとんきょうにたそがれ 松木秀
毒舌のおとろえ知らぬ妹のすっとんきょうな寝姿よ 楡 東直子

【事典類】

★「辞書」という語を含む歌句は23あり、短歌16、俳句2、川柳5で、なぜか俳句が少ない。

★「事典」または「辞典」を検索してみると、一番多かったのは「漢和辞典」で以下の3つ

漢和辞典に「荒墟」ありつつ「皇居」無し吾亦紅煤色になびける 塚本邦雄
大漢和辞典が燃えた冬のこと博士いままで知らなくてごめん 佐藤弓生
漢和辞典の中でいらいらしている 樋口由紀子(川柳)

★事典各種のワン鍋賞
「question」を含むページは背の焼けた英和辞典から剥がれ落つ 中島裕介
二兎を愛す彼は一兎を得てしまいことわざ辞典も時に間違う 望月由美子
国語辞典腰だめに コンコン咳の鴻儒オバカサン光線くらえ 高柳蕗子
愛よりも得意の分野かもしれず配色事典を君は抱えて 俵万智
棚にある妖しき鳥語辞典かな 石部明(川柳)
大辞典亡父は桜さくらかな 攝津幸彦(俳句)
CDの事典は嫌い にんげんのひとりも殴り殺せやしない 松木秀
・準ワン鍋賞
アクセント辞典についた引き癖を愛する君が指紋を解く 中島裕介
アクセント辞典の埃を拭っても拭ってももう存在にならず 中島裕介

★ありそうで「闇鍋」になかった辞典
・百科事典
・和英辞典
・字引

なお、今日の検索結果には松木秀さんが何度も出て来ましたが、まったくの偶然です。
データが7万を越える「闇鍋」ではありますが、こういうこともあるので、統計としてはまだまだ偶然というものに振り回されるレベルなんですね。

2011年07月14日

ワン鍋賞・ニャン鍋賞 悪筆・でべそ などなど

■【ワン鍋賞 悪筆】
チベットに住むおとうとの悪筆をうぶ毛のような春に待ちつつ 東直子

■【ワン鍋賞 得点、ピッチャー】
ユニヴァーサル野球協会のピッチャーになりたいね無得点の今宵は 正岡豊
(「得点」「ピッチャー」どちらの語でもワン鍋賞)
※ついでに言えば「バッター」はナシ

■【ニャン鍋賞 でべそ】
おまけとせお前の母さん出臍南瓜 宮崎二健(俳句)
ほそぼそと出臍の小児(こども)笛を吹く紫蘇の畑の春のゆふぐれ 北原白秋

■【ニャン鍋賞 婚期】
朝はやく/婚期を過ぎし妹の/恋文めける文を読めりけり 石川啄木
確かの禁固三年さ婚期逃した 宮崎二健(回文俳句)

■【ワン鍋賞 スープ汁物類各種】
コンソメを冷やす時間の月見草 草間時彦
母と妻その着ぶくれのごとき身をとりあへず据ゑボルシチ啜る 松平盟子
めでたしトムヤムクンの紅きスープ われらの知るは濃茶の緑 井辻朱美
金髪のおまえの辞書の「真実」と「チーズフォンデュ」のラインマーカー 穂村弘
ささやかな小道具として買う土鍋「今年はチゲが流行るらしいよ」 俵万智

※ついでに他のスープ類もカウントしてみました。
「スープ」を含む歌句は30(短歌29俳句1川柳0)
「みそ汁」(他の表記含む)を含む歌句は17(短歌11、俳句2、川柳4)
「シチュー」を含む歌句は8(短歌のみ)
「ポタージュ」 3(短歌のみ)

※「●●汁」は、けんちん汁、ふぐ汁、きのこ汁、くじら汁、とろろ汁などいろいろありすぎ、さらに果汁類なども混入してカウントしづらく、集計せず。
「吸い物」はナシ。
カタカナ系は、ミネステローネだのブイヤベースだのなんだの思いつく限りのスープ類を試しましたが、ないようでした。

■【準ワン鍋賞(2首あるが作者は1人)ポカリスエット】
なまぬるきポカリスエット砂浜に撒きつつ唄う「月が昇るよ」 入谷いずみ
たっぷりと夕闇がある校庭のベンチの下のポカリスエット 入谷いずみ

■【ニャン鍋賞 コーヒー牛乳】
カフェオレぢやなくてコーヒー牛乳といふんだきみのそのやり方は 山田航
もう誰も信じたくない十月の立って飲むべきコーヒー牛乳 望月裕二郎

■【準ニャン鍋賞(3首あるが作者は2人)トマトジュース】
トマトジュースのグラス掲げてウエディングドレス溢れる廊下を泳ぐ 穂村弘
よく冷えたトマトジュースを飲み干して黒いトカゲの血筋を受け継ぐ 植松大雄
殴り合う青いセロリの二の腕でトマトジュースが鼻から出るまで 植松大雄

■見つからなかったグーチョキパー
よく使う語で意外に短歌俳句川柳に詠まれていないと思ったのは、グーチョキパー。ひとつもナシ。
(かろうじて拙作「気をつけて ひとりぼっちの子と遊ぶジャンケンおじさん あたしの鋏」があるが、「チョキ」と言っていない。)

■ならば「じゃんけん」という語はどうか
短歌3(すべて拙作)、俳句1、川柳1だった。
鍋賞ではないがせっかくなのであげておく。
じゃんけんで負けて螢に生まれたの 池田澄子(俳句)
石段の途中で暮れたジャンケンポン 本間美千子(川柳)

2011年06月30日

【闇鍋 包帯がいっぱいあって絆創膏がない!? 他】

【包帯と絆創膏の違いは?】
 
歌人・俳人・柳人のみなさん。
約7万の短歌俳句川柳データを収録したデータベース「闇鍋」には、
「包帯」or「繃帯」を含む歌句は30もあります。

だのに、なんでなんで、「絆創膏」を含む歌句がひとつも、ないんだろう・・・。
ひとっつもナシ。
(ひらがな・カタカナ表記も含めて検索しました。)

「絆創膏」の歌句は、「闇鍋」にないだけで、広く探せば出てくるとは思うんですが、
使用頻度に差があるのはあきらかでしょう。
「絆創膏」を意識して排除する理由はない。ただなんとなく詠まれていないんですね。

(「バンドエイド」という語を詠み込んだ歌(俳句・川柳はナシ)は4首ありますが。)
 
【長い手紙はあっても短い手紙はない】
 
「長い手紙」(「長き手紙」、「手紙長かりし」等々語順や表記の異なるものも含めて検索)
を詠む歌句は7首(俳句川柳は該当ナシ)あるのに対して、
「短い手紙」は一つもありませんでした。
 
「長い手紙」の歌をひとつだけあげておきます。
誰が見ても/われをなつかしくなるごとき/長き手紙を書きたき夕 石川啄木 他6首
 
その他本日のワン・ニャン鍋賞
 
【ワン鍋賞!! 再生紙】
風に飛ぶ十一月の再生紙 鈴木伸一(俳句)

【ワン鍋賞!! しゃぶしゃぶ】
奇蹟おとろへしやぶしやぶをいたゞかむ 外山一機(俳句)

【ワン鍋賞!! すきやき】
兄ちやんが隣に坐りすきやきを私の小さな茶碗に入れる  池田はるみ
(スキヤキ、鋤焼等の他の表記も含めて検索)

【ニャン鍋賞!! 焼き肉】
焼き肉屋「大将軍」が食べ放題の「くいどん」になるほどの年月 俵万智
焼き肉とグラタンが好きという少女よ私はあなたのお父さんが好き 俵万智
(2首あるのでニャン鍋にしましたが、作者は一人)

【ニャン鍋賞!! 解剖図】
ヘンケルの包丁で描く解剖図やさしい臓器はやさしいままに 島なおみ
甚平着て人体解剖図を思ふ 鈴木伸一(俳句)

【ニャン鍋賞!! 発言】
進歩的発言をせしこの人もパパと呼ばれる家路につきぬ 俵万智
風下で<他者>にまぎれるわたくしも名を呼ばれれば発言をする 田中槐

【ニャン鍋賞!! 筆箱】
筆箱は夏野の色のセルロイド、マジックインクのひらがな並ぶ 加藤治郎
舞ちゃんはパンダが好きで筆箱もシールもメモもパンダばっかり 加藤千恵
(「ふでばこ」などの表記も含めて検索)

ついでに、文具をいろいろ検索してみました。

鉛筆(えんぴつ・エンピツ等の表記含む) 59
(短歌40・俳句11・川柳8)
シャープペンシル(シャーペン含む) 5
(短歌のみ)
ボールペン 6
(短歌4・俳句0・川柳2)
万年筆 5
(短歌のみ)
消しゴム(けしごむ含む) 20
(短歌13・俳句3・川柳4)
定規 5
(短歌4・俳句0・川柳1)

【本日の闇鍋データ数】
総数69640(うち短歌42449、俳句18281、川柳8618 他)

2011年06月29日

【ニャン鍋賞】「議事堂」「ファスナー」ほか

本日の闇鍋 総数69228(うち短歌42449、俳句17873、川柳8614 他)
 
【ニャン鍋賞】「議事堂」
心を病むあなたのように白鳥は議事堂脇を静かに泳ぐ 中沢直人
変な神様と 議事堂の合理性が棲んどる 中村冨二(川柳)
 
【ニャン鍋賞】「ファスナー」
ファスナーを下げて引きずり出す国家 なかはられいこ(川柳)
ファスナーが噛んで不時着してしまう 浪越靖政(川柳)
 
「ファスナー」は総数8600余しかない川柳から二つ出て、42000余の短歌に一つもなかった!
 
ただし、逆に「チャック」は短歌のみ4首だった。

その中の一首は、偶然にも、先の「議事堂」で受賞の中沢直人の歌だったのであげておく。
拒まれて帰るゆうぐれチャック状の傷跡のあるトマトを選ぶ 中沢直人
 
闇鍋収録数が増えた(じき7万に届く)せいか、ワン鍋・ニャン鍋が出にくくなった感じだ。
しばしば「残念! 3つ出ちゃったか」とがっかりする。
 
例えば、「手ぶら」という語は以下の通り3首あったが、作者は2名である。
こういう場合は、「準ニャン鍋賞」ぐらいにしてもいいかと思いはじめた。
というわけで。

【準ニャン鍋賞】「手ぶら」
ポケットの底に砂粒 曇天にサンダル履きで手ぶらのまんま 東直子
青白い封筒に貼る江戸の景ここに手ぶらで入りこみたい 東直子
天国は手ぶらで行きな おべんともおやつもそれに口笛ぬきで 植松大雄
 

【ワン鍋賞「レ」と「ファ」】(短歌俳句川柳に詠み込まれた音名)

本日のデータベース闇鍋※ 総数69228(うち短歌42449、俳句17873、川柳8614 他)


短歌俳句川柳にドレミ等の音名がどのぐらい詠まれているのか調べました。


(ただし検索しにくいため、たとえば「ド」の場合、「ドの音」「ド音」「音ド」「ドという音」「ドといふ音」を検索。これ以外の表現は探していません。)
 

その結果、「レ」と「ファ」で、以下の通り「ワン鍋賞」※※が出ました。
 
【ワン鍋賞】「レ」
 
レの音の内やまぬなり五ページで消えてしまった狐のこども 東直子
 
【ワン鍋賞】「ファ」
 
ファ音やや狂ひし君のハモニカに少年の日の歯型のこれり 梅津ふみ子
 

ド、ミ、ソ、シはひとつも見つかりませんでした。
 
そして、ラだけはなぜか以下のように5つも!!
 
なんでしょう、この人気。鍋賞ではありませんが、意外だったのでUPしておきます。


★人気の「ラ」
 
葬送の曲の中からラの音をララ……口ずさむ歳下の叔父 江田浩司

フラジオレットで叫ぶ子の身も不安も死も全てラの音に収斂された 中島裕介

落日の駱駝ねぎらう磊落な裸神の歌がラ音の濫觴 高柳蕗子

ラの音が滑る対人恐怖症 松永千秋(川柳)

乙女らは海のラ音を聞いている 内田万貴(川柳)
 
※「闇鍋」とは、短歌俳句川柳のデータベースで、その気になればいろいろできるでしょうが、いまのところ私にもカンタンにできる、主に単語による検索で使っています。
 
※※「鍋賞」とは、何かの単語を「闇鍋」の中でただ1歌句ないし2歌句だけが詠み込んでいる場合、そのささやかな手柄をたたえる賞です。
 
 なぜなら、短歌俳句川柳は思いのほか語彙に偏りがあり(詩は調べていないのでわかりません)、日常的に使用している単語でも、短歌俳句川柳に詠み込まれるとき、何か高い敷居をまたぐ必要があるようだからです。

2011年06月10日

【ワン鍋賞・ニャン鍋章】「○や○や」 人気ダントツ「さやさや」

 なんとなく「○や○や」を検索してみたら、一番多かったのは「さやさや」で、短歌23首、俳句1句、川柳0句でした。
 他の「○や○や」は二桁に届かず、「さやさや」人気は、特に短歌において絶対的なもののようです。

本日の「闇鍋」総数68245(うち短歌41558、俳句17879、川柳8531他)

【ワン鍋賞】すやすや、にやにや、むやむや、どやどや

68245歌句でこれを詠み込んだのは一つだけ。

すやすやと眠る体に骨も眠りこの子も天の巣落鳥(すおちご)ならむ 川野里子

にやにやと近よる人を眼にみえぬ盾もて防げ夕やけの時 岡井隆

むやむやと/口の中(うち)にてたふとげの事を呟(つぶや)く/乞食(こじき)もありき 石川啄木

リゲルまた蒼白の声あぐれどもどやどやとひとは世紀をまたぐ 坂井修一

【ニャン鍋賞】ぽやぽや、おやおや

68245歌句でこれを詠み込んだのは二つだけ。

よくしゃべるひとのモヘアのセーターのおちちのあたりにうまれるぽやぽや 杉山モナミ

秋過ぎて冬来たるらしぽやぽやと朝しろたえのため息を吐く 俵万智

戸をあけておやおやおやと雪の朝 古川柳

おやおやおやと戸を開ける今朝の雪 古川柳

※「おやおや」の句はよく似てますが。

集計結果(多い順)

     総数 短歌 俳句 川柳
さやさや  24  23   1  0
もやもや   4   4   0  0
いやいや   4   2   1  1
ひやひや   3   1   2  0
おやおや   2   0   0  2
ぽやぽや   2   2   0  0
すやすや   1   1   0  0
にやにや   1   1   0  0

全く出てこなかった「○や○や」
ふやふや、ほやほや、わやわや、がやがや、ぼやぼや

なお、通常使われないと思う「○や○や」(例えば「ろやろや」「くやくや」)のようなものは調べていません。

★だいぶ前に「○ら○ら」も調べました。探せば記事が出て来ますよ。

2011年06月09日

【ニャン鍋賞】「まさか」「愛想笑い」

本日の闇鍋総数 68245(うち短歌41559、俳句17879、川柳8530 他)

【ニャン鍋賞】 まさか
キスに眼を閉じないなんてまさかおまえ天使に魂を売ったのか? 穂村弘

落し文まさかの人と人の仲 辻田克巳(俳句)

【ニャン鍋賞】 愛想笑い
生きたがるいのちがあるので生きているただそれだけのおあいそ笑い 早坂類

冬日和愛想笑いのうまいやつ 御中虫(俳句)

★どちらも、日常よく使う言葉だ。特に、まさか、「まさか」がこんなに少ないなんて!!
(「まさかり」は三首あるのに。)

 「まさか」という語が短歌に使われていないことは、「闇鍋」収録数が一万ぐらいのとき(当時短歌のみだった)に気づいていた。
 あれから十年ぐらいたち、俳句川柳も含めて新しい人たちの歌句を投げ入れ続け、もうじき七万に達しようというのに、まだ二つしか出てこないとは。
 ひとつの言葉が詩歌の語彙に吸収されるのはずいぶん大変なことなのだ。
(現代詩の語彙は調べていないので、こうした偏りがあるのかどうかわからない。)

2011年06月06日

【ワン鍋賞】「人違い」「ホタルイカ」他

本日の闇鍋総数68252歌句
(うち短歌41559、俳句17879、川柳8530、その他284)
その中で検索し、以下が鍋賞となりました。

【ワン鍋賞】人違い
(ひとちがい、人ちがい、ひと違いも含んで検索)

僕の手を「人違いでは」と払う人の視線は螺旋状にこぼれて 中島裕介

こんなフツーに使う言葉が一首だけって、ウソだろー。データベースの操作を間違えたのかと思ってやりなおしたけど同じ結果になった。

【ワン鍋賞】ホタルイカ
(漢字カタカナ等の表記も含めて検索)

妹の混じる「友だち」カテゴリをきらめくホタルイカが横切る 雪舟えま

ホタルイカも、もっと詠まれていそうだが、現段階の「闇鍋」にはこれ一首しかなかった。

【ニャン鍋賞】おさなごころ
(幼心、おさな心、幼ごころ等も含んで検索)

泣き止みて頭のいたきたよりなさ幼心地のふとよみがへる 木下利玄

とほい夏はまべよがけよしらなみよをさなごころの空なりやまず なかにしけふこ

木下利玄の歌は「幼心地」なので、微妙に違うけれど、まあOKということで。

実は私の未発表歌に「やさしさは銃の手ほどき ゆげたてる指もおぼろのおさなごころに」というのがあるが、自分の未発表歌はカウント外。
なんとなく短歌がつくれなくなったことが淋しい。

オマケ

クワガタとカブトムシ

なんとなく「クワガタ」を検索したら7首(俳句川柳ナシ)出てきたが、その中のひとつが
「いたましくわがたましひのなやめるを知りねわが友汝は友なれば(芥川龍之介)」
だった。(笑)

ついでに「カブトムシ」も検索。
18歌句(うち俳句2、川柳ナシ)あった。
ただし「甲虫」という表記のものが半分ほどある。「こうちゅう」と読ませる場合は、カブトムシとは限らない。

というわけで、クワガタとカブトムシの勝敗ははっきりしない。

2011年05月28日

【鍋賞じゃないけど】トイレットペーパー

意味出さないようケアフルにトイレットペーパーの口を折鶴に折る 鈴木有機
あたし腐るここから腐るトイレットペーパー100回手に巻きつける 飯田有子
トイレットペーパーホルダーに映ってるわたしたちはなんだか新しい生き物 飯田有子
数(すう)を説く先生が替へたかもしれぬトイレットペーパーからからと引く 小潟水脈

「トイレットペーパー」という語を使った歌句は67377中この4首だけ。4つもあるから鍋賞ではないけれど、おもしろい(特に上の2首)ので載せちゃいます。

ついでに。
「トイレ」という語を含む歌句は67377中24(短歌21俳句0川柳3。俳句さんガンバレ)、「便所」は15(短歌3俳句2川柳10)でした。

(あーあ、やんなきゃいけない用事が多くなるほど、闇鍋遊びしちゃうんだよ。)

2011年05月18日

【ワン鍋賞】わんわん特集

2011年5月18日現在「闇鍋」データ
総数67377、短歌40942、俳句17701、川柳8457、その他277

犬を詠んだ歌句はたくさんありますが、犬種名を詠んだものは少なくて、ワン鍋賞がいっぱい出ました。

【ワン鍋賞】
プードル
月に吠える小窓の中のプードルにさへも自意識くらいはありて 入谷いずみ
レトリーバー
金色の魔法の粉をまきちらしレトリーバーが駈ける八月  神崎ハルミ
ダルメシアン
彗星のジェリービーンズジャンピングキャッチでゲットするダルメシアン 植松大雄
グレート・デーン
秋の始まりは動物病院の看護婦【ナース】とグレートデンのくちづけ 穂村弘
ブルドッグ
わゐうゑを胴の低くてつぶれたるかんばせみせてくるブルドッグ 吉岡生夫

【ニャン鍋賞】
ハウンド
夏といえば ゆるみっぱなしの輪がとれて駆け出すフェイク・アフガン・ハウンド 東直子
海のひかりに船が溶けると喜んでよだれまみれのグレイハウンド 穂村弘

その他の犬種

     短歌、俳句、川柳
コリー   8, 0, 1
テリア   6, 1, 0
シェパード 1, 2, 0
チワワ   2, 0, 1

使用例のない犬種

ドーベルマン、マルチーズ、ポメラニアン
チャウチャウ、ボクサー、
ハスキー、パグ、スピッツ
マスティフ、秋田犬、柴犬

ここにあげていない犬種は調べていません。
posted by tyouseki at 16:01| 短歌俳句川柳データベース闇鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

【ニャン鍋賞】富士見

「富士見」は富士見坂、富士見台のように、富士を見る行為や場所を表す名詞として検索。
「富士見る」のように「見」が動詞として使われているケースは除いたところ、67377歌句の中にこの2句しかなかった。(いずれも多行句、総ルビ)

富士(ふじ)は/白富士(しろふじ)/至(いた)るところの/富士見坂(ふじみざか) 高柳重信(山海集)

不易(ふえき)なるかな/絶(た)えて/富士(ふじ)なき/富士見坂(ふじみざか) 高柳重信(日本海軍)

posted by tyouseki at 11:59| 短歌俳句川柳データベース闇鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ワン鍋賞】直腸、胆嚢ほか(修正)

(2011.5.19修正。「心臓」を数え間違えていました。)

2011年5月17日現在「闇鍋」データ 総数67377、短歌40942、俳句17701、川柳8457、その他277

67377歌句のうち「直腸」という語を含むのはこれだけ。

【ワン鍋賞】直腸
騒ぐなら国のかたぶくまで叛きてむ直腸に鉛沈めて 岡井隆

【ワン鍋賞】胆嚢
「胆嚢」という語を含むのはこれだけ。

肝臓を持ちつつ胆嚢(たんなう)をなきものと女を言へり諾(うべな)ひてよきや 高嶋健一

【ニャン鍋賞】盲腸
「盲腸」という語を含むのは以下の二つだけ。

湯あがりの君にタオルを投げやれば笑窪のような盲腸の跡 俵万智
腐らない盲腸が住む 署長の部屋 中村冨二(川柳)

 なお、臓器を表す語の使用頻度を見たところ、以下の通りだった。(多い順)

臓器を表す語の使用頻度
    全   短歌  俳句  川柳
心臓  66   57    6    3
肺   62   48    7    7
胃   58   33    9   16
腸   39   26    8    5
(含直腸 1    1    0    0 )
(含盲腸 2    1        1 )
(大腸・小腸ナシ)
肝臓   4    3    1    0
膵臓   3    2    1    0
気管支  3    2    1    0
胆嚢   1    1    0    0
腎臓 ナシ(意外です)

※以前UPしたとき「心臓」は67、61、6、0となっていましたが数え間違いでした。すみません。

【ワン鍋賞】ランゲルハンス島
臓器とは違うけれども「ランゲルハンス島」(膵島)という語を含むのはこれだけ。

処女復帰の君と行くには遅すぎる喩の湧いているランゲルハンス島 江田浩司

posted by tyouseki at 11:55| 短歌俳句川柳データベース闇鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

【ワン鍋賞】ファンタ【ニャン鍋賞】ウエイター他

新発売のファンタのげっぷしつつみな人工呼吸にあこがれている 飯田有子
「ファンタ」を含む歌句は、2011.5.11現在、短歌40937、俳句17701、川柳8459、その他276、合計67373歌句のうちこれひとつ。なおこの歌はすでに「げっぷ」でも【ワン鍋賞】を受賞済み。

このほか、以下の語でニャン鍋賞が出ました。

ウエイター
挨拶に合掌する手が胸より高いウェイター・コム君のしづかな矜持 井辻朱美
お手紙をさしあげますとウェイターがふかぶかと礼 秋のはじまり 東直子

(なおウエイトレスは3首のみ。「いくたびか生まれ変わってあの夏のウエイトレスとして巡り遭う」他2首で、いずれも穂村弘)

山高帽
あの光るのは千曲川ですと指さした山高帽の野菜くさい手 北原白秋
山高帽を頭に画きたり たのし 堀豊次(川柳)

ザボン
錯乱の節(たかし)の旅のひとところ庭にあかるむ朱欒(ザボン)ありけり 加藤治郎
われが来し南の国のザボンかな 高浜虚子
posted by tyouseki at 17:56| 短歌俳句川柳データベース闇鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。